マカを飲んでED治療をサポート

EDとは?

EDとはErectile Dysfunctionの略称で、勃起機能の低下を意味します。
EDと聞くと、完全に勃起ができない状態だと思われがちですが、そうではありません。
勃起するまでに時間を要したり、勃起しても持続せずに萎えてしまったりと、満足のいく性交ができない状態がEDです。

EDの原因

一般的に、EDは加齢によって男性ホルモンの分泌量が低下したり、男性機能が低下することで起こると思われていますが、EDの直接的な原因は加齢ではありません。
ですから、40代や50代以降の男性だけでなく、20代や30代の男性がEDを発症することもあります。
ではEDの原因はなににあるのでしょうか?
(1)精神的ストレス
過去の苦い経験がトラウマとなり、EDを引き起こします。
例えば、女性に性行為の内容を否定されたり、プライドを傷つけられたりといったことが精神的(心因的)ストレスとなります。
(2)治療薬を服用中
解熱剤、抗うつ薬、利尿剤、降圧剤など、中枢神経や末梢神経に作用する薬は、副作用としてEDを引き起こすことがあります。
(3)血管障害や神経障害
加齢によってEDの発症率が高くなる理由は、年齢を重ねると血管や神経が衰えていくからです。
十分な勃起を行うためには、神経と血液が重要な役割を担っています。
神経は性的刺激を受けた信号を陰茎に送る働きがあり、陰茎海綿体に血液が十分に運ばれることで性器は勃起します。
加齢によって血管や神経が衰えると、性的刺激を受けた信号が陰茎に伝わりづらくなったり、血液がスムーズに運ばれなくなることで十分な勃起ができなくなります。

EDを予防・改善するためには?

EDを改善するためには専門のクリニックで適切な治療を受けることが大切です。
しかし、EDは現在までの生活習慣によって引き起こされていますので、生活習慣を見直さなければ根本的な改善とはなりません。
EDを予防・改善するためには、以下の習慣が大切です。

週に2~3回の有酸素運動

運動には負荷が大きい無酸素運動と負荷が小さい有酸素運動があります。
EDの予防・改善には負荷が小さい有酸素運動が適しています。
体への負担が少ない有酸素運動を習慣にとり入れることで、血流改善や筋力維持へと促し、EDを予防・改善へと導きます。
反対に、無酸素運動は体への負担が大きく、血流を滞らせる要因となる活性酸素が大量に発生しますので、かえってEDを悪化させる恐れもあります。
EDの予防・改善のためには、30分程度のウォーキングや水中歩行などが効果的です。

栄養バランスの良い食事

EDの予防・改善のためには栄養バランスのとれた食事をすることが大切です。
食事は体内のエネルギーを補給するだけでなく、代謝を上げたり、脳を活性化したりする働きもあります。
暴飲暴食は肥満を招き、肥満をEDのリスクを高めます。
肥満を防ぐためには、脂質や糖質を控えめにして野菜をしっかり摂りましょう。
食べ始めには食物繊維が豊富な野菜から食べたり、噛む回数を意識して増やすことで、食べ過ぎ防止にも繋がりますし、血糖値の上昇も抑えます。

十分な睡眠をとる

精力の維持・向上のために必要な、成長ホルモンやテストステロンなどのホルモンは睡眠中に分泌が高まります。
また、睡眠には心身の疲労を回復したり、自律神経の乱れを整えたりする働きもありますので、毎日十分な睡眠をとることがEDの予防・改善に繋がります。
十分な睡眠をとるためには、睡眠時間を確保するだけでなく、睡眠時間と起床時間を一定にすることで睡眠のリズムを整えることも大切です。

自律神経を整える

20~30代の男性に起こるEDの多くは「心因性ED」です。
心因性EDは精神的ストレスによって自律神経が乱れて、満足のいく勃起ができなくなります。
心因性EDを改善するためにはストレスとなっている原因を取り除くとともに、乱れた自律神経を整えることが重要です。
ストレスによって自律神経が乱れると交感神経(活動・緊張モード)ばかりが優位になりますので、自律神経を整えるためには副交感神経(休息・リラックスモード)を刺激してあげることが大切です。
副交感神経を刺激するためには、ぬるめのお風呂にゆっくり浸かったり、ハーブティーを飲んだり、深呼吸を繰り返したりといったことが有効です。

マカがED治療をサポートする理由

マカがEDの予防・改善に効果的だといわれている理由は、マカに含まれる栄養成分にED治療をサポートする働きがあるからです。
今回は、マカがED治療をサポートする理由を5つご紹介します。

血行を促進

人の身体は、脳から性的刺激を受けると、神経によってその信号を陰茎に伝えます。
神経によって性的刺激を受け取った陰茎は陰茎海綿体の動脈を拡張し、大量の血液を流れ込ませ、勃起します。
しかし、血管に血栓や動脈硬化などが出来て血流が悪くなると陰茎海綿体の動脈が上手く拡張できず、十分な血液を流すことができなくなります。
その結果、満足な勃起が得られなくなるのです。
マカに含まれるアルギニンは、一酸化窒素を生成することで血管を拡張し、血液の流れを促す働きがあります。
血行を促進することで、陰茎海綿体に十分な血液を届けられるようになります。
これにより、EDの予防・改善に繋がります。

高血糖・高血圧の予防・改善

糖尿病患者は糖尿病でない方に比べてEDのリスクがおよそ2倍も高いことが判っています。
この理由は、血糖値の高い状態が続くことで神経や血管が障害を受けることにあります。神経や血管が障害を受けると、血流が悪くなったり、陰茎に性的刺激が上手く伝わらなくなったりします。
また、高血圧もEDのリスクを高めることが判っています。
高血圧患者のED合併症率は60%以上ともいわれており、高血圧になるとEDが重症化しやすくなることも判っています。
この理由は、血圧の高い状態が続くことで陰茎海綿体の動脈が障害を受けて、十分な血液を流れ込むことができなくなるからです。

マカに含まれるビタミンEには活性酸素を除去する抗酸化作用があります。
活性酸素は脂質と結びつく性質を持っていますので、コレステロールや中性脂肪と結合して体内にとって有害な「過酸化脂質」を作ります。
過酸化脂質は血液をドロドロにして、高血糖や高血圧を招いたり、悪化させる要因となります。
ビタミンEの抗酸化作用によって活性酸素を除去することで過酸化脂質の生成を抑制し、高血糖や高血圧を予防・改善へと導くことで、EDの発症、悪化を防ぎます。

睡眠の質を高める

上記でも述べたように、精力の維持・向上のために必要な成長ホルモンやテストステロンなどのホルモンは、睡眠中に分泌が高まります。
また、睡眠は心身の疲労を回復したり、自律神経の乱れを整えたりする働きもありますので、十分な睡眠をとることがEDの予防・改善に繋がります。
さらに、慢性的な睡眠不足はEDのリスクを高めることも判っていますので、毎日の睡眠習慣が非常に大切です。
マカに含まれるアルギニンは成長ホルモンの分泌を促す働きがあり、トリプトファンは質の良い睡眠を促す睡眠ホルモン「メラトニン」をつくるセロトニンの材料となります。
マカを摂ることで睡眠の質が良くなると、精力の維持・向上に繋がります。

副交感神経を刺激する

上記でも述べたように20~30代の男性に起こるEDの多くは「心因性ED」です。
心因性EDは精神的ストレスによって自律神経が乱れることで起こりますので、年齢問わず誰にでも起こり得るEDです。
心因性EDを改善するためには乱れた自律神経を整えることが重要です。
自律神経を整えるためには副交感神経(休息・リラックスモード)を刺激してあげることが大切です。
さらに、正常な勃起は副交感神経が優位な時に起こり、射精後は交感神経が優位となることで勃起していた陰茎が弛緩していきます。
つまり、自律神経を整えるためにも、正常な勃起を促すためにも、副交感神経を刺激することが大切なのです。
マカに含まれるトリプトファンは心をリラックスさせる神経伝達物質「セロトニン」を作ります。
セロトニンは喜びや幸せをもたらすことから、別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、うつ病の治療薬としても使用されています。
また、マカには興奮や緊張などを緩和するカルシウムも含まれていますので、自律神経の副交感神経(リラックス・休息モード)を優位に導きます。
副交感神経が優位になることで、自律神経の乱れが整い、正常な勃起にも繋がります。

テストステロンの代謝をサポート

男性ホルモンのテストステロンの分泌が低下すると、精子の量や運動率が低下し、EDを引き起こしやすくします。
マカに含まれる亜鉛は主に前立腺に多く存在しています。
亜鉛は細胞の新陳代謝や細胞分裂をサポートする働きがありますので、精子の質や量を維持するだけでなく、テストステロンの代謝を助けることで、EDを予防・改善へと促します。

マカを飲んでEDを予防・改善へ

年齢を重ねるとEDになるリスクは高まります。
しかし、EDになる直接的な原因は加齢ではありません。
加齢によって、神経や血管が衰えたり、男性ホルモンの分泌が低下したり、脂肪が増えたりすることが直接的な要因です。
ですから、条件さえ揃ってしまえば、誰にでも起こり得る病気なのです。
ストレスを強く感じている方や不規則な食習慣の方、過剰な飲酒、喫煙など、心当たりのある方はEDのリスクが高くなります。

繰り返しますが、EDは専門のクリニックでの治療が必要です。
しかし、現在までの生活習慣によってEDが発症したのですから、治療薬を飲んでも生活習慣を見直さない限り、根本的な解決にはなりません。
マカにはEDの治療をサポートしたり、乱れた生活習慣を整えたりする働きがあります。
EDに悩まされている方にも、ED予備軍の方にも、マカをおすすめします。

関連コラムcolumn