薄毛

マカは薄毛に効果がある?

薄毛は、先天的な要因も考えられますし、社会人になって上司や部下ができると、ストレスに感じる方がいます。
先天的な事は別として、中高年期のストレスに耐えうる精神力が大切です。
昔からよく言われる言葉ですが、「病は気から!」と言われるぐらい、精神の安定が大切なことなんです。

タンパク質に含まれるアミノ酸であるプロリンは、表皮細胞増殖促進活性作用があり、表皮の代謝をし、コラーゲン合成促進活性をします。
また、角質層保湿作用により皮膚の乾燥を防止することによって毛穴を保護しています。
毛髪に含まれるケラチンは、シスチンに由来するもので、育毛に関与する物質です。
これらのアミノ酸を豊富に含んでいるマカを摂取することにより頭皮も改善され、丈夫な毛髪の促進が期待されます。
そのほかにも、アルカロイドやサポニンそしてγ-アミノ酪酸(ギャバ)は、血流を改善してくれたり、ホルモンバランスの調整をし、免疫力アップや抗ストレス作用もします。
マカ全体としては、全身の器官や組織の代謝機能を高める作用があり、タンパク質や脂質それに核酸の合成を促し、細胞分裂を活発にします。
サポニン配糖体は、副腎皮質ホルモンの分泌を促したり、骨髄のDNA合成を促進します。
そのた、抗カビ効果や抗インフルエンザ効果があり、機能性疾患の予防をします

プロリンやシスチンだけが薄毛に関与しているわけではなく、マカのバランスのとれた栄養素やその他の物質の作用がこれらの促進を補助しています。
これらを手助けするビタミン類もマカにはたくさん含まれていて、これは生体内において酵素がその活性を発揮するために必要な補酵素として機能しています。
マカを摂取していれば問題はありませんが、もしビタミン欠乏症に陥った場合は、ビタミン類を補酵素として利用する酵素が関与する代謝系の機能不全症になります。
様々な栄養素を摂取または摂食することによって、精神的に安定が図られ強いては薄毛の原因となる毛髪の再生に寄与することになり、問題も解消されるでしょう。